oyalox
レジオネラ感染防止対策(浴槽水の衛生管理)

「レジオネラ症」は、主として衛生管理が不十分な循環式浴槽設備が原因で起こる感染症です。原因菌は環境中に存在するレジオネラ属菌です。ほこりなどと一緒に体に付着したレジオネラ属菌は浴槽の水を汚染します。この水を利用する際に発生したエアロゾルを吸い込んでしまうと感染します。エアロゾルとは目に見えないほど細かい水滴のことです。 レジオネラ症は、抵抗力の低い高齢者が圧倒的に感染しやすくなります。したがって高齢者施設をはじめ、公衆浴場、宿泊施設、スポーツ施設における浴槽設備の衛生管理が求められています。
レジオネラ症の病型と症状)
レジオネラ肺炎・・・
高熱、呼吸困難、吐き気、意識障害など。重症になり死亡する場合もあります。
ポンティアック熱・・・
発熱、寒気、筋肉痛など。数日で治る場合が多い。
感染経路
感染経路の例
エアロゾルは、シャワーやジャグジーなどの設備から発生するため、設備構造上の措置が求められています。
浴槽内でおぼれて汚染された水を気道に吸いこんで感染した例も報告されています。
レジオネラ症を防ぐ設備管理上のポイント
厚生労働省の指針:レジオネラ属菌が検出されないこと
 (10CFU/100mL未満)


免疫力が低下している高齢者にとって、レジオネラ属菌は検出数よりも存在自体が危険であると考えられます。
 浴槽水中の遊離残留塩素濃度を維持
0.2~0.4mg/L(上限:1.0mg/L)
●塩素系薬剤を使用して浴槽水を消毒します。
●入浴者数の増減などにより水中の遊離残留塩素は変動するため、
頻繁に遊離残留塩素濃度を測定します。
 完全換水と浴槽の清掃
(少なくとも週に1回以上に「完全換水と浴槽の清掃・消毒」)
 集毛器の清掃・消毒

1回以上
 ろ過器と循環配管の逆洗浄・消毒(生物膜の除去)
 循環配管内の点検(生物膜の除去)
※…原水または原湯の性質などの理由で塩素系薬剤が使用できない場合があります。
注)貯湯槽や回収槽がある設備では、これらの清掃・消毒が必要であり別途の措置が必要です。
レジオネラ症を防ぐ設備構造上のポイント
■浴槽水の消毒に用いる塩素系薬剤の注入口は、浴槽水がろ過器に入る直前に設置する。
   (下記イラストを参照ください)
■循環湯の吐出口は浴槽の水面下に設ける。
■循環させた浴槽水を打たせ湯やシャワーに使わないこと。
 
詳細やその他に必要である設備構造上の対策については厚生労働省の「循環式浴槽に
おけるレジオネラ症防止対策マニュアル」、「レジオネラ症を予防するために必要な措置に
関する技術上の指針」をご参照ください。
衛生ツール&サービスのご紹介
オーヤラックスではそれぞれの施設に応じた装置と管理手法をご提案させて頂きます。
管理手法
塩素系薬剤 ・・・ ピューラックス(次亜塩素酸ナトリウム6%)
残留塩素測定器 ・・・ DPDテストキット & DPDプラス(測定用試薬)
フォトメーターCL & DPDプラス(測定用試薬)
塩素注入装置 ・・・ ミニクロフィーダーシリーズ 等

入浴時間が不定期、人数の増減がある施設に適しています
ALC-LG
レジオネラ属菌不検出レベル達成!これ一台でOK!
ALC-LG
バス・エースは蛇の目ミシン工業株式会社の製品です。
※ 商品のご購入や、お問い合わせにつきましては、当社まで(Tel.03-3263-6201または、E-mail)ご連絡くだ さい。
 
超音波式加湿器のレジオネラ対策
レジオネラ症の感染源は浴槽設備に限りません。中でも、家庭用の超音波加湿器が感染源として疑われるレジオネラ症がこれまでにも発生しており、死亡事故にもつながっています。
    衛生管理のポイント CREAN
タンクに水を長時間貯めておかない
タンクの内側はこまめに洗浄して清潔にしておく
参考資料
レジオネラ症を予防するために必要な技術上の指針【厚生労働省ホームページ】
レジオネラ症防止対策について【厚生労働省ホームページ】
LINE
このページの先頭へ