oyalox
ノロウイルス 感染防止対策

毎年冬の到来を感じる頃からノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒の発生事例が多く報告され、時には大規模な集団発生の事例も報じられています。特に療養者や高齢者、乳幼児が感染した場合は重症化する恐れがあります。ノロウイルスは感染力が強く感染経路が様々であることから感染予防対策は容易ではなく、簡単に済ませる方法などもありません。
感染予防対策は、ポイントをつかんで、堅実な方法で、確実に実行することをおすすめいたします。
次亜塩素酸ナトリウム ピューラックス
ぴゅーちゃん

クリックしたコーナーに移動します

次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう

ノロウイルスについて

●発生している時期

毎年11~2月をピークとして1年間にわたって発生しています。

出典:国立感染症研究所ホームページ(http://www.nih.go.jp/niid/ja/survei/2357-idwr/idwr-dl/2016/6886-idwr-2016-44.html)を加工して作成。過去5年間の平均を示したものです。

感染症胃腸炎に関する定点当たり報告数

●症 状

下痢、おう吐、発熱、吐き気、腹痛

下痢、おう吐、発熱、吐き気、腹痛 急におう吐することがあります
子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐物を気道につまらせてしまうことによる死亡事故がこれまでに発生しています。 ぴゅーちゃん

●再感染や遺伝子型について

免疫は永続的ではなく、一度感染しても半年以上経っていたり遺伝子型が異なれば再感染するといわれています。ノロウイルスには複数の遺伝子型があります。これまで主流の遺伝子型は「GⅡ.4」です。2014年以降は変異型である「GⅡ.17」が出現しており、より一層の感染防止対策が求められています。

●ノロウイルスの感染経路

経路①・・・■■■■ 生やそれに近い状態の貝類を食べたことによる食中毒
経路②・・・■■■■ 感染している調理従事者や調理器具などを介して汚染(=二次汚染)した食品を食べたことによる食中毒
経路③・・・■■■■ 感染者のふん便や吐物の処理時などに、汚染された場所やモノから手指を介して付着したウイルスや空気中に漂ったウイルスが口に入ることでおこる感染
感染経路
ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒を防ぐには、医療機関や社会福祉施設における衛生管理と、食品を扱う施設や飲食店における衛生管理、そして家庭での衛生管理が重要となります。食中毒には 細菌や自然毒によるものなど原因は様々ありますが、近年最も多いのがノロウイルスによるものです。高齢者施設や保育所での集団発生も後を絶ちません。なぜこれほどまで多くノロウイルスによる事故が発生してしまうのでしょうか。その理由はノロウイルスの特徴にあります。

特徴と対策のポイント

ノロウイルスは極めて小さく、そして感染力が強い。

ノロウイルスの大きさは直径約0.036μm(マイクロメートル)といわれています。単位を身近なmmに
すると約0.000036mmとなります。
ちなみにぶどう球菌の大きさは直径約1μm(0.001
mm)といわれております。ノロウイルスは細菌よりもかなり小さいということを右図で示しています。

POINT しっかりとした手洗いが重要です

感染者のふん便・吐物中には大量のウイルスが含まれます。症状のでない感染もありその場合でも大量に含まれます。症状が治まっても2~3週間は排泄されるといわれています。

乾燥すると容易に空中を漂い、これを吸い込んでしまうと感染します。

POINT トイレの衛生と吐物処理時の適切で速やかな対応が重要です

ノロウイルス感染防止対策

食品や調理に携わる方の対策

c05_11 職場への連絡(下痢やおう吐がある場合

下痢やおう吐等の症状がある場合は職場に連絡します。食品への二次汚染を防ぐためには、直接食品を取り扱う作業を行わないことが望ましいといえます。

c05_12 手洗いの徹底 正しい手洗い方法のページへ

「調理を始める前」や「トイレの後」などは必ず手を洗います。
ノロウイルス対策はまず「手洗い」。石けんを使って洗い残しの無いように洗います。食品に直接触れる際は使い捨て手袋を着用します。

c05_13 食品の加熱

ノロウイルスの汚染のおそれがある食品は加熱(85~90℃で90秒間以上)します。

c05_14 調理器具などの洗浄・消毒(毎日)

ノロウイルスを完全に失活化するには、洗浄した後、加熱(85℃以上で1分間以上)または「次亜塩素酸ナトリウム」の200mg/L(=0.02%)希釈液を使用して消毒します。


c05_15 トイレの清掃・消毒(毎日)

感染している方のふん便や、回復後の方でも通常で1週間から1か月程度の間は ふん便中にウイルスが含まれるといわれており、トイレはたいへんリスクの高い場所です。清掃した後は、「次亜塩素酸ナトリウム」の200mg/L(=0.02%)希釈液を使用して消毒します。

 

次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう

施設職員の方、介護や保育等に携わる方の対策

c05_12 手洗いの徹底 正しい手洗い方法のページへ

「食事の前」、「トイレの後」、「排泄物の処理をした後」などは必ず手を洗います。
ノロウイルス対策はまず「手洗い」。石けんを使って洗い残しの無いように。

c05_22 生活環境の消毒(毎日)

ドアノブや手すり、頻繁に触れる共用部分など(金属以外)は「次亜塩素酸ナトリウム」の200mg/L(=0.02%)希釈液を使用して消毒します。

c05_23 おもちゃの消毒(保育所などでの場合)(毎日)

おもちゃ(金属以外)は「次亜塩素酸ナトリウム」の希釈液を使用して消毒します。


c05_15 トイレの清掃・消毒(毎日)

感染している方のふん便や、回復後の方でも通常で1週間から1か月程度の間はふん便中にウイルスが含まれるといわれており、トイレはたいへんリスクの高い場所です。清掃した後は、「次亜塩素酸ナトリウム」の200mg/L(=0.02%)希釈液を使用して消毒します。

c05_15 急なおう吐などへの適切な対応

感染している方の吐物には大量のウイルスが含まれています。医療現場で行われている標準予防策(スタンダード・プレコーション)に則った処理方法が求められます。

 

c05_28

 

吐物処理は「迅速に」「確実に」

吐物はできるだけ乾燥させないよう迅速に行うことが理想的です。取り掛かる前に、換気を行う他、汚染した場所に他の人が立ち入らないようにします。床などは吐物を除去した後、吐物のあった場所の中心から半径2m程度の範囲を消毒 します。

基本的な作業の流れは次の通りです。

吐物の除去・床などの消毒

使い捨てのマスクや手袋、ガウン等を着用

注意: 次亜塩素酸ナトリウムは強い漂白作用がありますので、カーペットなどに用いる場合はご注意ください。脱色や変色を避けるためには、スチームアイロンなどを使って加熱する方法があります。

次亜塩素酸ナトリウムの使い方については、下記ポスター(ダウンロードできます)
または「ノロウイルス感染予防リーフレット」(ご請求いただけます)をご参照ください。

 

次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう

感染防止のお役に立てる製品

ノロウイルス対策には次亜塩素酸ナトリウム

一般的な感染症対策として、消毒用エタノールや逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)が用いられることがありますが、ノロウイルスを完全に失活化する方法としては、次亜塩素酸ナトリウムや加熱による処理があります。  (「ノロウイルスQ&A」(厚生労働省ホームページより)
ピューラックス 次亜塩素酸ナトリウム6%液 ピューラックス 「消毒」するなら消毒薬
次亜塩素酸ナトリウム6%を成分とする医薬品の殺菌消毒剤です。
安定性に優れており、安全に、安心してご使用いただける製品です。

※ 噴霧でのご使用はしないでください。

詳細はこちら

ミニクロペットWR ピューラックス専用希釈装置 ミニクロペットWR 必要な時にすぐ希釈

c05_39

希釈液を作り置きする必要がありません

水道の蛇口を使用して塩素濃度0.02%(200mg/L)~0.1%(1000mg/L)のピューラックス希釈液を連続供給することができる装置です。電源不要です。

 

詳細はこちら

汚物処理キット 汚物処理キット 使い捨て
〈販売単位:10セット〉

ピューラックスを使用して吐物やふん便を処理する際に使用する安全防護装備の
セットです。

●内 容(1セット) 〈1人分:汚物処理1回分〉

・ガウン…1枚 ・ヘアキャップ…1枚 ・マスク…1枚 ・シューズカバー…1組
・ラバー手袋…1組 ・ビニール長手袋…1組 ・汚物用ちりとり…1枚 
・説明書…1枚

お問合せにつきましては当社(Tel.03-3263-6201)までご連絡ください。


資料のご請求

ピューラックスの使い方をご案内するノロウイルス感染予防リーフレットをお送り差し上げます ご請求はこちらから

参考文献及び関連情報

このページの先頭へ