oyalox
インフルエンザ感染防止対策

インフルエンザは、かかっている人の咳やくしゃみなどの飛沫と共に放出されたウイルスを気道に吸入することで感染します。インフルエンザは基本的に流行性疾患であり、かぜとは全く違うもの。療養者や高齢者、乳幼児が感染した場合は合併症の危険性が高まるため、特に注意が必要です。
感染予防には、流行前のワクチン接種が効果的である他、以下の対策が予防の基本としてあげられます。
 
■基本的な感染予防策
手洗い うがい せきエチケット(マスクの着用)
●手洗い ●うがい ●せきエチケット
(マスクの着用)
 ● 室内では加湿器の利用、外出中は不織布
製マスクを使用し喉の乾燥を防ぐ。
 ●
日頃からバランスよく栄養をとる。
咳エチケットは感染拡大の防止に有効です。
 
■医療機関や施設内の感染拡大防止策
手指用消毒薬の効果的使用

インフルエンザは飛沫感染する他、手指を介した接触感染もあります。予防にはまず手洗いが大切ですが、手指用消毒薬を効果的に使用することで、施設内にウイルスが持ち込まれるのを防ぎます。

速乾性擦式消毒用アルコール製剤 シルキテンP アルコール自動手指消毒器 ハンドクリーン-III
生活環境の清掃・消毒

痰やつばなどの呼吸器分泌物が目に見える状態にある時は、消毒薬を用いた消毒を行うことがよいといわれています。

インフルエンザウイルスには、次亜塩素酸ナトリウム、イソプロパノールや消毒用エタノール製剤などが有効であるといわれています。

次亜塩素酸ナトリウム 殺菌消毒剤 ピューラックス

【消毒対象例】机(テーブル)、イス、ドアノブ、スイッチ、階段の手すり、エレベーターの押しボタン、便座など、人がよく触れるところ。また、飲食器、調理器具なども。

ピューラックス ピューラックス
※噴霧での使用はしないでください。
ピューラックスは薬局・薬店でお買い求めいただけます。
参考文献及び関連情報:
インフルエンザ(総合ページ)【厚生労働省ホームページ】
新型インフルエンザ対策ガイドライン【厚生労働省ホームページ】
注)2009年に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)の参考資料です。
インフルエンザ情報
【国立感染症研究所 感染症疫学センターホームページ】
 
■水道事業者の方へ
新型インフルエンザ未発生期の段階で、次亜塩素酸ナトリウムを含む浄水処理過程に必要な薬品の在庫数等について確認、リストの作成を行い、在庫不足に備えて約2ヶ月ぶんの使用量確保に向けた準備を整えるよう、下記ガイドラインで示されています。
水道事業者における新型インフルエンザ対策ガイドライン(改訂版)
【厚生労働省ホームページ】
 
■養鶏場・ブロイラー農場の方へ
農林水産省では、高病原性鳥インフルエンザ対策として、給水用の水は飲用に適したものか、消毒したものを用いるように呼びかけています。
(以下農林水産省の指針をご参照ください)
高病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針.pdf
【農林水産省ホームページ】
 
当社では、次亜塩素酸ナトリウム「ピューラックス」のほか、ピューラックスの自動注入システムや残留塩素測定器をご提案しており、井戸水を使用している農場での採用実績がございます。詳しくはお近くのオーヤラックスまでお問合せください。
このページの先頭へ